D&S 新しい業態としての「建築業」の構築、「京都」「木」「ネットワーク」をテーマにした新事業展開を目指す。
辰巳建設TOP 前のページ 次のページ
 
職人の街「京都」の「ほんまもん(本物)」を伝えていく、残していく。
「建築業」のキーワード
【京都のよそゆき】
「よそゆき」という言葉が好きですね。多分京都発祥の言葉だと思いますが、ハレとケの使い分けを一言で言い表している。「一張羅(いっちょうら)」というのは、ただのモノのことに過ぎませんが、「よそゆき」というのは、その時間・空間・人生・思い・行動、すべてを一点集中させて、「よそゆき」として装おう、場の転換。生き方というには大げさですが、そんな暮らしぶりが根付いた生活がええですね。
【京都のほんまもん】
京都のほんまもん(本物)ゆうても、何も高級な料亭や掛け軸だけやありません。桐の箪笥の引き出しがぴしっと締まる具合、長年使い込まれた銅の茶筒の鈍い輝き、細ぅ細ぅ繊細に仕上がったお箸の先っぽ。ふだんつこおてる些細なモノの中に、ほんまもんが在るということ。そんなんが、暮らしを何十倍にも引き立ててくれる、ほんまもんの暮らしなんじゃないでしょうかねえ。
【木質文化】
木もまたほんまもんの素材ですね。「山杣人(そまびと)」というのは、山や木のことを熟知して生活に生かしてきた人々のことです。森林破壊というのは大量に伐採することで起こりましたが、木を刈り取ることを生業としてきた彼らは、山や木を生かす術を知っています。山で木を生産して、里山で木を使うことが、山を元気にするんです。木を使わないことが自然を守る方法ではないんです。
【環境と煩悩の関係】
環境のために明日から車をやめてくれといっても無理な話。私が繰り返し思うのは、親鸞聖人の『正信念仏偈』にある「不断煩悩得涅槃」という言葉。親鸞聖人は「ふだんの煩悩を断ち切らなくていい。それで安らいだ心持ちを得ることが大切なのだ」と、煩悩を認めてその是を説いた。現状の中で、環境のことをもうちょっと考えていくとゆうのんが、実生活で大切なんちゃいますかね。

第二の新事業展開では、「京都」「木」「ネットワーク」をテーマに考えています。

辰巳建設は、長年京都駅のすぐ近くに立地しています。だから京都市内や周辺のネットワークが強い。文化財関係の事業で培ってきた大工さんのネットワークも含め、奥深い京都が抱えているさまざまな技術が使えます。京都ならではのこうしたメリットも。今後の我々の個性にしていきます。

京都は古くから職人の街。観光だけでは、風靡で典雅な世界しか見えませんが、それを支えているのが京都の職人文化です。

いわゆる京都特有の排他的な雰囲気というのは、職人独特の世界が持つ匂いなのかもしれません。しかしそれをいい面で捉えると、匠の技を生み出す職人たちの誇りでもあるのです。これが千二百年続いた都としての特質なんですね。

実際、京都には「ほんまもん(本物)」がたくさんあります。横柄な言い方ですが、京都発祥のものも多い。日本のルーツがすべてここにある。それをしっかりと伝えることが、京都に生まれた者の使命ではないかと思います。伝えて、京都をもっともっと愛される街にしたいというのが、私の主たる思いです。

職人さんはどんどんいなくなっています。伝統の技術や匠(たくみ)の技は絶えつつある。残すべきものは残していかなければならない。技術を残すということは、その技術をどんどん使っていくことが一番です。

我々の新展開では、文化財関係の事業を通して培った大工さんとのネットワークや伝統技術の知識を積極的に活用し、家具や生活形態などのかたちで生かしていきます。いい部分をうまく組み込んで、「本物(ほんもん)」を伝えていきたいと考えています。
木を中心にしたものづくりを提案していく。

辰巳建設が行ってきた神社仏閣の工事を通して得た木造建築のよさや伝統技術を生かすにはやはり「木」を生かした新しい提案が重要なテーマになっていくと思います。「木」を効果的に使った新築・リフォーム提案など、いかに個性的な提案ができるかが新事業の鍵となります。

また、京都の木に関する情報発信事業である「京の山杣人工房事業」に携わっていることも活用して、京都全体で「木」の活用を盛り上げていければいいですね。
ゆるやかな有機的ネットワーク構造の新事業展開。

従来の枠組みでは、「発注→企画→施工」というように、川上と川下が必ずある一方的な流れが今までのものづくりの流れでした。それは建設だけでなく、広告や製造などでも同じです。ブラックボックス的な流れ作業で進んでいくので、最近問題となった構造計算の捏造など、竣工後にトラブルになるケースも増えています。

川のような情報の一元化では必ず誤解が生じます。一同に全員が介してこそ、いろいろなことが解決します。それに出来上がったあとのトラブルやクレームも少ない。建設業もまったく同じです。難しい改革ではありますが、もっとフラットなところで発想していきたいですね。

これからは一方的な川の流れを断ち切って、湖や海のごとくあるのが理想的です。「発注」「企画」「具現化する人たち」が、海や湖のような場所にゆるやかにたゆたい、情報をシェアしながら、ひとつの目的を一緒につくっていく。そんな有機的なネットワークスタイルの新事業部を誕生させたいと計画しています。
TATSUMI D & S

辰巳建設TOP 前のページ 次のページ
 
 株式会社 辰巳建設
 〒600-8216 京都市下京区東塩小路町607 辰巳ビル7F Tel 075-371-3101 Fax 075-343-3734 e-mail tatsumi@tatsumi-con.co.jp